ウラナミジャノメ

目玉模様の蝶には
昔から特別な愛着がある
いつもは、なかなか見つからない
ウラナミジャノメも
今年は苦労することなく
たくさんの蝶を撮影することができた
どこか、八重山諸島に生息する
マサキウラナミジャノメとも
雰囲気がよく似ていて
より親近感を覚える
初めてのツゲの花で吸蜜するシーンは
特に興味深い

a0277496_11232600.jpg

▲ツゲの花で吸蜜するウラナミジャノメ
a0277496_11235815.jpg

a0277496_11234494.jpg

a0277496_11222064.jpg

a0277496_11231071.jpg

a0277496_11225565.jpg

a0277496_11224194.jpg

a0277496_11220664.jpg


[PR]
# by kazenohane | 2017-06-26 12:03 | ジャノメチョウ

ギンイチモンジセセリ

銀色のストライプ模様の
小さなギンイチモンジセセリが
フランスギクの花の食卓を
何度も訪れていた
しばらく眺めていたが
花を離れる様子もなく
花から花へと
移動しながら吸蜜
真昼の饗宴は
とどまることなく
いつまでも続いていた

a0277496_10022521.jpg

a0277496_10030326.jpg



[PR]
# by kazenohane | 2017-06-23 10:11 | セセリチョウ

ヒメシジミ

高原の蝶のシーズンの幕開けは
ヒメシジミで始まる
毎年、同じような季節に発生するのではなく
その年の気候などの影響で
変わることもあり
今年は少し遅れているようだ
交尾している個体に
♂が絡んでくる瞬間を
捉えてみた
ひとつの画面に3頭も入ると
ずいぶん賑やかな写真になる

a0277496_14474765.jpg

a0277496_14481844.jpg

a0277496_14483773.jpg

a0277496_14485323.jpg

a0277496_14491030.jpg




[PR]
# by kazenohane | 2017-06-20 15:28 | シジミチョウ

ヤクシマルリシジミ

青い翅をちらちらさせて
飛ぶルリシジミらしき蝶を
眺めていた
草の葉に止まり
しばらくしたら
青い表翅を少しだけ開いた
よく見ると
ヤクシマルリシジミのようだ
知多半島では
ポピュラーな蝶に
なりそうな予感

a0277496_09483645.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2017-06-16 10:08 | シジミチョウ

ヒメヒカゲ

何度も通った
ヒメヒカゲの生息地に
今年もでかけた
例年と比べると
数が少ないようだ
まだ発生時期が早いのだろうか
何かの要因で数が減ったのだろうか
そんな疑問が頭をよぎる
もうひとつの目玉のウラナミジャノメは
まったく見かけなかった

a0277496_09375935.jpg

a0277496_09373118.jpg

a0277496_09384496.jpg

a0277496_09381991.jpg



[PR]
# by kazenohane | 2017-06-13 09:49 | ジャノメチョウ

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30