<< ミヤマシジミ(3)  283 シータテハ  281 >>

アカタテハ(2)  282

不思議なことに、アカタテハのフォルダーを開けてみると、白いタチアワユキセンダングサの花で吸蜜する写真ばかりだった。撮影している場所は、すべて八重山諸島ということになる。もちろん、この蝶は、本州の至るところに生息しているはずだが、意外と見ていないようだ。たぶん、見ていても他の蝶に気をとられ、撮影するまでには至っていないのかも知れない。
蝶の少ない晩夏の頃、高原に咲くオオハンゴンソウの花に一瞬、亜熱帯の蝶が迷い込んだのかと思わせるアカタテハの訪問だ。あまりにも八重山でたくさん見ているので、そんな思いこみがあるようだ。だんだんと、そんな呪縛も解け、高原の初秋を彩る蝶に頭の中で変化したようだ。まだ、高原の夏の名残りを楽しみたい。

a0277496_9375489.jpg

[PR]
by kazenohane | 2014-09-03 10:31 | タテハチョウ
<< ミヤマシジミ(3)  283 シータテハ  281 >>