夏色十色

夏の高原の蝶は、コヒョウモンモドキだけではない。
やや盛りを過ぎたヒメシジミも、
相変わらず、いろんな花を訪れ、
高原に色どりを添えているようだ。
コヒョウモンも小柄な姿で草原を飛び回っている。
銀色の斑紋の美しいウラギンヒョウモンは、
咲き始めたノアザミの花でいつまでも吸蜜。
そこへ、ヒメキマダラセセリも訪れるが、
すぐに遠くに飛んでいってしまった。
キタキチョウは紫色のウツボグサの花が
お気に入りなのか、離れようとしない。
ピンク色のシモツケの花の周りを、
ひらひらと飛び回るフタスジチョウも、
この高原のおなじみさんだ。
盛りの頃の勢いはないが、
ギンイチモンジセセリも
ススキの葉の上で静かに止まっている。
蝶たちの饗宴は、いつまでも高原で続いている。


a0277496_22164122.jpg

a0277496_22171776.jpg

a0277496_22195042.jpg

a0277496_22190589.jpg

a0277496_22181500.jpg
▲ヒメシジミ

a0277496_22203648.jpg

a0277496_22212098.jpg
▲ウラギンヒョウモン

a0277496_22215396.jpg
▲ギンイチモンジセセリ



[PR]
by kazenohane | 2015-07-03 22:31 |

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30