天空の楽園

ヨツバヒヨドリの白い花は、
やっと咲き始めたばかりだ。
この林道の蝶たちを支える大切な蜜源になっている。
長い雨模様の天気から開放された天空の林道は、
高原の蝶たちにとって楽園に違いない。
楽園の主人公のアサギマダラは、
開花した白い花を求めて悠然と舞っている。
いつもは林道の斜面の岩場で翅を開いて休止している、
黒地にオレンジ模様のベニヒカゲも
この白い花で吸蜜しながら、小刻みに移動している。
全体に黒色を基調としたサカハチチョウの夏型が、
動く気配もなく、翅を開いたり閉じたりしている。
例年、この花にびっしり集まるウラギンヒョウモンの姿は、
まだ見られないが、時折ギンボシヒョウモンがやってくる。
白いヨツバヒヨドリの花に群れるミヤマシロチョウは、
頭の中のイメージの世界だけの蝶だろうか。
それとも、すでに標本箱の蝶になってしまったのだろうか。


a0277496_16472565.jpg

a0277496_16484439.jpg

a0277496_16503493.jpg
▲アサギマダラ

a0277496_16525005.jpg

a0277496_16543607.jpg

a0277496_16554234.jpg
▲ベニヒカゲ

a0277496_16575059.jpg
▲サカハチチョウ

a0277496_17002483.jpg
▲ギンボシヒョウモン

[PR]
by kazenohane | 2015-07-15 17:02 |

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30