天白川の冬鳥 1

 天白川の鳥を撮影してみたいと前々から思っていたが、寒い冬はなかなか戸外に出られなかった。今年から夏の蝶のシーズンに備えて出来る限り歩くことにした。ただ、ひたすら歩くだけでは長続きしないので、カメラを首にかけて鳥を撮れば目的も明確になるだろう。600mmクラスの重量級のレンズや三脚などの機材をそろえれば、本格的な鳥撮影ができると思うが、散歩のついでのなんちゃって鳥撮りだから望遠ズームにテレコンをつけて手持ち撮影することにした。
 鳥を撮ることはいいのだが、どんな名前なのか分からず、鳥の図鑑を急きょ購入した。それでも名前がよく分からない種類もあり、詳しい方からのご指摘が頼りだ。カモは天白川全域で見られるが、一羽だけ色彩の美しいオシドリらしい鳥を発見した。遠すぎて、なかなかシャープな画像が撮影できない。そんなとき、同好の方から「朝10~11時頃にこの橋の下に来るから、それを撮ればいい」とアドバイスを受け、至近距離から撮影できた。意外と撮影が楽しかった鳥はスズメで、見事に統率のとれた行動は興味深い。そのほか、撮影できなかった鳥も含めて30種近くも野鳥が生息していることが分かった。

a0277496_16472450.jpg

a0277496_16484560.jpg
▲オシドリ

a0277496_16493296.jpg
▲チュウサギ

a0277496_16500691.jpg
▲モズ

a0277496_16504784.jpg
▲メジロ

a0277496_16513037.jpg
▲ツグミ

a0277496_16530752.jpg
▲ヒヨドリ

a0277496_16534930.jpg

a0277496_16540942.jpg
▲スズメ
[PR]
by kazenohane | 2016-01-15 18:12 |

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30