魅惑のキャラメルカラー

 好きな蝶をひとつ挙げろと言われたら、何の迷いもなく、この「ヒメヒカゲ」を選ぶだろう。決して派手な美しさはないが、渋い黄土色に目玉模様が配されたデザインに、ここ数年間魅せられ続けている。黄土色という表現よりも、私の独断ではあるがキャラメルカラーと言った方がよりふさわしいような気がする。
 2012年から、毎年この季節になると、この蝶の撮影に必ず出掛けている。今年は、怪我の影響で無理かなと思っていたが、いつも一緒に出掛けている友人を誘い、この蝶の生息地に行くことが出来た。いつもは、蝶を追いかけまわしていたが、今回は場所を決め、そこに飛んできたヒメヒカゲだけを撮影する作戦にした。脚の怪我のこともあり、こじらせては大変なことになると思い、できるだけ脚に負荷をかけたくなかった。
 昨年はTG-2に魚眼コンバーターを付けて、風景の中の蝶の姿を捉えることに主眼を置いて撮影したが、今回は望遠にテレコンバーターを付けて、美しくぼけた背景の中に蝶をいかに浮かび上がらせるのか、そんなテーマを決め臨んでみた。近くにオカトラノオの白い花が咲いていたので、指の上に乗せた蝶を、そっと花に移して撮影してみたが、この場所が気に入ったのか、逃げる気配もなかった。やらせではあるが、生態写真を目指しているわけでもなく、より美しい写真が撮影できれば、これはこれでいいのかなと思う。


a0277496_19271577.jpg


a0277496_19245986.jpg


a0277496_19251534.jpg


a0277496_19253183.jpg


a0277496_19254727.jpg


a0277496_19260666.jpg


a0277496_19262266.jpg


a0277496_19264959.jpg


a0277496_19272956.jpg


a0277496_19274438.jpg


a0277496_19275953.jpg


a0277496_19282070.jpg


a0277496_19244302.jpg

▲湿地に咲くカキランの花


[PR]
by kazenohane | 2016-06-11 20:07 | ジャノメチョウ

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30