雪の朝

 朝7時に起床して、雪の降りしきる屋上に上がり、東の空を見ると雲の切れ間から一瞬、朝日が射してきた。視界を遮るような雪が容赦なくカメラにも降り積もる。雪を振り払いながら、撮影するが、なかなかイメージしたような絵にならない。とにかく、露出を変えて出来るだけ多くのシャッターを切った。後で確認したら、朝日の明るい部分にも細かい雪の粒が写りこんでいた。
 屋上の撮影は早々に切り上げ、雪に覆われた植物を戸外で探すことにした。一年に一度か二度しかない降雪のチャンスを逃したくないので、寒いのを我慢して1時間くらい、家の近くを歩いてみた。凍結している道路もあり、転倒しないように慎重には慎重を期した。ロウバイの花に雪が積もったシーンを撮りたかったが、見当たらなかった。それでも、赤いピラカンサの実やアジサイの残花などに積もったシーンは、雪の日ならではの成果だろう。

a0277496_21310277.jpg


a0277496_21312331.jpg


a0277496_21314213.jpg


a0277496_21315771.jpg


a0277496_21322686.jpg


a0277496_21324751.jpg


a0277496_21330713.jpg



[PR]
by kazenohane | 2017-01-17 22:10 | 風景

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31