カテゴリ:アゲハチョウ( 43 )

ミカドアゲハ  088

 八重山を訪れるようになった、ひとつのきっかけは、日本のアゲハチョウ科の蝶を紹介した写真集の1コマだ。西表島のカンピレーの滝近くで撮影されたミカドアゲハの集団吸水の写真を眺めながら、こんな光景を撮ってみたいと密かに願っていた。
 2012年9月に八重山に蝶の撮影旅行にでかけたとき、石垣島の名蔵ダムに流れ込む小さな川の砂地に、ミカドアゲハとアオスジアゲハ、ヤエヤマカラスアゲハが揃って吸水している場面に遭遇したが、90㎜マクロレンズでは、どうにもならない。300㎜レンズを準備しなかったことを、少し後悔した。
 西表島の林道でもミカドアゲハの吸水を見かけたので、遠くからでもいいと思い連続シャッターを押し、その結果がこの写真だ。吸水しているミカドアゲハの飛び立つ瞬間が、たまたま写っただけで意図して撮ったわけではない。いつかは、自分のイメージしたミカドアゲハの集団吸水を撮ってみたい。

a0277496_226403.jpg

[PR]
by kazenohane | 2013-02-28 22:58 | アゲハチョウ

アゲハ(2)  064

夏の暑さの残る9月
天白川河川敷の草地では
さまざまな蝶たちの営みが
延々と受け継がれている
とりわけ羽化間もない
アゲハたちの
躍動感あふれる姿を
時間をたっぷりかけ
画像に記録したい
秋の気候は
変わりやすい
一面の青空に厚い雲が広がり
やがて雨粒が
地面の色を黒く塗りつぶす
あれだけ飛んでいた
蝶たちは
どこともなく姿を
消してしまった
2012年9月15日 名古屋市

a0277496_18581211.jpg


a0277496_190899.jpg


a0277496_9415420.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-11-15 19:28 | アゲハチョウ
亜熱帯の樹木に覆われた西表島の
仲間川林道を今回初めて訪れた
大原港から仲間川展望台まで
往復10kmくらいの距離を
ひたすら歩いた
緑色の鱗粉の美しい
ヤエヤマカラスアゲハが
翅を開き木の葉に静止していた
人の気配にもカメラのシャッター音にも
動じることはなかった
センダングサの花を訪れるときの
スピード感はなく
静かに休息しているようだ
林道の水たまりには
この蝶やミカドアゲハ、アオスジアゲハが吸水中
30℃を越す暑い中
ペットボトルの水は残りわずかだ
早く引き上げ、たっぷりと吸水したい
2012年9月26日 沖縄県西表島

a0277496_1481166.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-10-26 16:04 | アゲハチョウ

シロオビアゲハ(2)  050

ベニモンアゲハが八重山諸島に
定着して40年余り
この短い時間で
シロオビアゲハの♀の一部が
毒蝶のベニモンアゲハに擬態したのだろうか
亜熱帯の蝶は周年
発生を繰り返している
年5回としても40年で200回
人間の物差しでは
計り知れないスピードで
変化できるのだろう
ただ擬態した♀は
鳥の捕食を逃れることはできても
寿命は短いという
蝶の世界は
まだまだ謎に包まれている
2012年9月25日 沖縄県石垣島

a0277496_854330.jpg

a0277496_873610.jpg

▼ベニモン型♀
a0277496_810623.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-10-08 09:18 | アゲハチョウ

ベニモンアゲハ(2)  049

a0277496_911821.jpg


黒地に鮮やかな赤い模様
初めて波照間島で見た印象が
今でも強烈に残っている
空き地に咲く花に
5~6頭のベニモンアゲハが
群れていた
どこまでも晴れ渡った青い空
エメラルドグリーンの珊瑚礁の海
アダンの茂る丘
こんな風景が
憧れ続けた亜熱帯の
楽園風景に違いない
このときのイメージを
思い描きながら
この蝶を追いかけている
見果てぬ夢は
まだまだ進行形だ
2012年9月25日 沖縄県石垣島

a0277496_9131756.jpg


a0277496_9142987.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-10-05 09:58 | アゲハチョウ

モンキアゲハ  016

a0277496_23242776.jpg


何年ぶりの出会いだろうか
ノアザミの花の咲く草原で
盛んに蜜を吸うモンキアゲハ
久しぶりの光景に
胸の高鳴りを覚える
静かな山里で
繰り広げられる
黒い蝶たちの物語
翅のはばたく音が
聞えるようだ
やがて蝶たちは
視界から消え去った
わずか2分足らずの
至福の時間
2012年6月11日 愛知県新城市

a0277496_2325136.jpg


a0277496_23253443.jpg


a0277496_23255248.jpg


a0277496_23261099.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-06-14 23:43 | アゲハチョウ

アゲハ  013

誰もいない静かな
シーズンオフの海水浴場
閉められた海の家の花壇には
いろんな花が咲いている
どこからやってきたのか
一頭のアゲハが舞い込み
盛んに蜜を吸う
だれでも知っている
ポピュラーな蝶も
美しい背景を与えられることで
きらきらと映えてくる
2012年5月8日 愛知県南知多町

a0277496_2246356.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-30 23:03 | アゲハチョウ

アオスジアゲハ(2)  012

どんな花に蝶は来るのか
それは蝶にしか決められない
この花にこの蝶が来てくれたら
素敵な写真になるのにと
勝手にイメージを膨らませる
造形的に面白いネギ坊主に
アオスジアゲハの取り合わせは
絵になるだろうなと
前々から思っていた
現実にすばしっこい
この蝶を前にして
できることは
とにかくピントをあわせて
シャッターを押すことしかできない
イメージを形にするには
まだまだ修練が足りないようだ
2012年5月8日 愛知県南知多町

a0277496_22223464.jpg

a0277496_2223944.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-30 22:42 | アゲハチョウ

ウスバシロチョウ  011

a0277496_15482821.jpg

ゴールデンウィークの頃
飽きもせず
ウスバシロチョウを求めて
毎年、伊自良まで通ったことを
思い出した
もう20年前の話だ
久しぶりにこの蝶に会いたくなり
現地に出かけた
あの当時と環境は
ほとんど変わっていなかった
昔と同じようにタンポポの花畑を
ひらひらと舞い
ときおり、ハルジオンやオドリコソウの花に
吸蜜に訪れる
いつまでもウスバシロチョウの舞う
美しい里山であってほしい
2012年5月1日 岐阜県山県市

a0277496_15432815.jpg
a0277496_15442695.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-29 16:28 | アゲハチョウ

ベニモンアゲハ(1)  010

a0277496_23181894.jpg

アゲハチョウの力強いイメージからは
ほど遠い台湾出身のベニモンアゲハ
艶かしい紅色の模様をちらつかせ
弱々しく花から花へ移動する
美しい乙女を
追いかけるように
カメラで迫るが
見透かしているように
ひょいと逃げる
1968年頃から
数を増やして
今では完全に
八重山諸島に定着したという
2011年5月25日 沖縄県石垣島

a0277496_22395774.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-26 23:20 | アゲハチョウ

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30