カテゴリ:シジミチョウ( 109 )

ムラサキシジミ

蝶の姿もまばらになってきた11月
照葉樹林の中の広場の
日だまりのツバキの葉に
美しいメタリックブルーの翅を広げる
ムラサキシジミの姿が
見られる季節になった
ムラサキツバメやウラギンシジミも
この場所で同時期に見られる
忙しい11月の空き時間をつくり
蝶を撮影するひとときは
とてもよい気分転換だ


a0277496_20454606.jpg

a0277496_20462292.jpg

a0277496_20464765.jpg

▲ムラサキシジミ
a0277496_20471478.jpg

▲ムラサキツバメ
a0277496_20473515.jpg

▲ウラギンシジミ

[PR]
by kazenohane | 2017-11-10 21:07 | シジミチョウ

クロツバメシジミ

一年の締めくくりとなる蝶
クロツバメシジミを
山峡の町へ撮影にでかけた
食草のツメレンゲの花が
咲く頃に合わせた
ただ、開花に合わせて
蝶が発生しているのか
出掛けてみないと分からない
やはり蝶のピークは過ぎ
数が少ないようだ
それでも撮影するには
十分な数だった
ほとんどが逆光で捉えた写真で
これが自分のスタイルだろう
蝶の写真は来年の春まで
これから長い冬眠に入る

a0277496_19364040.jpg

a0277496_19370760.jpg

a0277496_19373336.jpg

a0277496_19375006.jpg

a0277496_19380645.jpg

a0277496_19382444.jpg

a0277496_19384308.jpg

a0277496_19390545.jpg

a0277496_19392493.jpg

a0277496_19394201.jpg



[PR]
by kazenohane | 2017-11-03 19:55 | シジミチョウ

ミヤマシジミ

遠くに山々を望む
広がった草原に舞う
ミヤマシジミを
今年も見ることができた
この蝶の食草のコマツナギの花が
咲いている初秋の頃
花から花へと移動する可憐な蝶との
出会いが毎年の楽しみだ
端正な裏翅の模様と
開翅したときの美しいブルー色には
いつ見ても魅せられる

a0277496_09300719.jpg

a0277496_09302339.jpg

a0277496_09304038.jpg

a0277496_09310066.jpg

a0277496_09314664.jpg

a0277496_09320295.jpg

a0277496_09312429.jpg




[PR]
by kazenohane | 2017-09-28 09:51 | シジミチョウ

オナガシジミ

昨年の発生記録に沿って
7月20日に出掛けたものの
見事に外れてしまった
今度は8月2日なら
まだ間に合うかなと思い
出掛けたが
もうほとんど見られず
遅かったようだ
それでも帰り間際に
2頭だけ見つけ
目的は何とか果たすことができた
蝶の発生を読む難しさを
あらためて思い知らされた

a0277496_19570476.jpg

a0277496_19575569.jpg

▲開翅した姿
a0277496_19581959.jpg

a0277496_19583734.jpg

a0277496_19585266.jpg


[PR]
by kazenohane | 2017-08-06 20:00 | シジミチョウ

キマダラルリツバメ

キマダラルリツバメを求めて
長野県の生息地を訪れた
広大な草地で現れるのを待つが
一向に姿を見せてくれない
これでは無理かなと諦めかけた頃
この蝶がかなりのスピードで
舞い始めた
やがて見晴らしのよい場所の木の葉に止まり
美しい青色の翅を開いてくれた
やはり蝶の習性を理解することも
大切かなと思う

a0277496_15080469.jpg

a0277496_15082788.jpg

a0277496_15083913.jpg

a0277496_15090296.jpg

a0277496_15091535.jpg




[PR]
by kazenohane | 2017-07-13 15:30 | シジミチョウ

ゴイシシジミ

高原のいつもの林道で
ゴイシシジミが
ササの葉に止まっていた
白と黒の模様は
色彩豊かな模様にはない
シンプルな美しさを感じる
この蝶の脚は
まるでルーズソックスのようで
見るからに愛らしい


a0277496_22183555.jpg

a0277496_22181499.jpg

a0277496_22175575.jpg



[PR]
by kazenohane | 2017-07-07 22:19 | シジミチョウ

ヒメシジミ

高原の蝶のシーズンの幕開けは
ヒメシジミで始まる
毎年、同じような季節に発生するのではなく
その年の気候などの影響で
変わることもあり
今年は少し遅れているようだ
交尾している個体に
♂が絡んでくる瞬間を
捉えてみた
ひとつの画面に3頭も入ると
ずいぶん賑やかな写真になる

a0277496_14474765.jpg

a0277496_14481844.jpg

a0277496_14483773.jpg

a0277496_14485323.jpg

a0277496_14491030.jpg




[PR]
by kazenohane | 2017-06-20 15:28 | シジミチョウ

ヤクシマルリシジミ

青い翅をちらちらさせて
飛ぶルリシジミらしき蝶を
眺めていた
草の葉に止まり
しばらくしたら
青い表翅を少しだけ開いた
よく見ると
ヤクシマルリシジミのようだ
知多半島では
ポピュラーな蝶に
なりそうな予感

a0277496_09483645.jpg

[PR]
by kazenohane | 2017-06-16 10:08 | シジミチョウ

ミドリシジミ

初夏になると
ゼフィルスが見たいと思う
そんな中でも
とりわけ表翅が金緑色に輝く
ミドリシジミが気になる
ハンノキの林に
3頭のミドリシジミが
翅を閉じ静止していた
翅を開いてくれるのを
気長に待つことにした
やがて気持ちが通じたのか
美しい翅を開いてくれた

a0277496_09410925.jpg

a0277496_09404143.jpg

a0277496_09413082.jpg

a0277496_09420417.jpg



[PR]
by kazenohane | 2017-06-07 09:56 | シジミチョウ

光を浴びて

 例年なら白い花を咲かせているツメレンゲは、気候不順の影響か、開花はもう少し先になりそうだ。この花を吸蜜するシーンを撮影したかったが、花がないのなら仕方がない。
 ツメレンゲの生えている崖地の撮影を諦め、もっぱら河川敷のクロツバメシジミを狙う作戦に変更した。出来あがった写真を眺め、つくづく逆光の写真が好きなんだと思う。無意識に手前に太陽がある位置からカメラを向けているようだ。順光の写真も時として撮影するが、この蝶のように白っぽい翅は、階調が飛び易く、オーバー気味な写真になることが多い。その点、逆光のほうが、程よいコントラストがつき、好みの絵になるようだ。河川敷には、いろんな植物が生え、これらを最大限に生かしながら、背景も考えながら、じっくり撮影する時間は至福のひとときでもある。


a0277496_20375127.jpg


a0277496_20381193.jpg


a0277496_20384458.jpg


a0277496_20390148.jpg


a0277496_20392629.jpg


a0277496_20394619.jpg


a0277496_20400801.jpg


a0277496_20373822.jpg


a0277496_20402378.jpg


a0277496_20403709.jpg



[PR]
by kazenohane | 2016-10-11 21:12 | シジミチョウ