<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

モンキチョウ  014

いろんな蝶の食卓になっている
ノアザミの花
この日もアゲハやイチモンジセセリなどの
さまざまな蝶が
ひんぱんに訪れる
ただ光を一番上手に
取り込んで
輝いていた蝶は
モンキチョウだけだった
2012年5月27日 愛知県新城市

a0277496_2364633.jpg

a0277496_2364788.jpg

※やっとここにきて周回遅れが解消しました。
[PR]
by kazenohane | 2012-05-30 23:28 | シロチョウ

アゲハ  013

誰もいない静かな
シーズンオフの海水浴場
閉められた海の家の花壇には
いろんな花が咲いている
どこからやってきたのか
一頭のアゲハが舞い込み
盛んに蜜を吸う
だれでも知っている
ポピュラーな蝶も
美しい背景を与えられることで
きらきらと映えてくる
2012年5月8日 愛知県南知多町

a0277496_2246356.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-30 23:03 | アゲハチョウ

アオスジアゲハ(2)  012

どんな花に蝶は来るのか
それは蝶にしか決められない
この花にこの蝶が来てくれたら
素敵な写真になるのにと
勝手にイメージを膨らませる
造形的に面白いネギ坊主に
アオスジアゲハの取り合わせは
絵になるだろうなと
前々から思っていた
現実にすばしっこい
この蝶を前にして
できることは
とにかくピントをあわせて
シャッターを押すことしかできない
イメージを形にするには
まだまだ修練が足りないようだ
2012年5月8日 愛知県南知多町

a0277496_22223464.jpg

a0277496_2223944.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-30 22:42 | アゲハチョウ

ウスバシロチョウ  011

a0277496_15482821.jpg

ゴールデンウィークの頃
飽きもせず
ウスバシロチョウを求めて
毎年、伊自良まで通ったことを
思い出した
もう20年前の話だ
久しぶりにこの蝶に会いたくなり
現地に出かけた
あの当時と環境は
ほとんど変わっていなかった
昔と同じようにタンポポの花畑を
ひらひらと舞い
ときおり、ハルジオンやオドリコソウの花に
吸蜜に訪れる
いつまでもウスバシロチョウの舞う
美しい里山であってほしい
2012年5月1日 岐阜県山県市

a0277496_15432815.jpg
a0277496_15442695.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-29 16:28 | アゲハチョウ

ベニモンアゲハ(1)  010

a0277496_23181894.jpg

アゲハチョウの力強いイメージからは
ほど遠い台湾出身のベニモンアゲハ
艶かしい紅色の模様をちらつかせ
弱々しく花から花へ移動する
美しい乙女を
追いかけるように
カメラで迫るが
見透かしているように
ひょいと逃げる
1968年頃から
数を増やして
今では完全に
八重山諸島に定着したという
2011年5月25日 沖縄県石垣島

a0277496_22395774.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-26 23:20 | アゲハチョウ

キミスジ  009

a0277496_21222130.jpg

ガイドのIさんが
葉先を指して
あれが「キミスジ」ですと
教えてくれた
他のタテハチョウの仲間とは
明らかに違う姿に
新鮮さを感じた
2011年5月25日 沖縄県石垣島

a0277496_21224356.jpg

黒地に橙色のすじ模様の
キミスジが今年も
目の前に現れた
昔から石垣島にいたのではなく
2005年に西表島で
最初に発見された迷蝶という
これからどこに向かって
進むのか興味深い
2012年3月13日 沖縄県石垣島
[PR]
by kazenohane | 2012-05-26 22:08 | タテハチョウ

アカタテハ  008

草原をあわただしく飛ぶ
亜熱帯のアカタテハ
いつも見慣れている蝶と
何も変わらないが
どこか違って見えるのは
木性羊歯の生い茂る
背景の森のせいだろうか
2011年5月25日 沖縄県石垣島

a0277496_20484614.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-26 20:49 | タテハチョウ
石垣島と沖縄本島の距離は420km
それそれの島には
共通の蝶もいれば
島固有の蝶もいる。
カラスアゲハはどうだろうか
最新の図鑑では
ヤエヤマカラスアゲハとして
載っている
これだけの距離と
とてつもない時間があれば
沖縄本島とは違う特徴の
カラスアゲハが
誕生しても不思議ではないだろう
そんな思いで
翅の色調を見ると
全体に緑っぽい感じがしてくる
周年活動する
この蝶の進化は
思っているよりも早いのかもしれない
2012年3月13日 沖縄県石垣島

a0277496_2213327.jpg


a0277496_2213696.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-25 22:57 | アゲハチョウ
a0277496_2120472.jpg


「迷蝶」なんて魅惑的な言葉だろう
35年前の図鑑に
載っていなかった東南アジアの蝶が
何らかの理由によって
異国の石垣島に住みついている
クロマダラソテツシジミも
2006年頃から発生を繰り返し
定住しているという
今では九州や四国、西日本各地でも
見られているようだ
この可憐そうな蝶のどこに
分布を広げるエネルギーが
隠されているのか
石垣島では
迷蝶が帰化した新顔たちに
会える楽しみも多い
2011年5月25日 沖縄県石垣島

a0277496_21211661.jpg
a0277496_21212530.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-21 21:13 | シジミチョウ
黄色の花を訪れる
2頭のスジグロカバマダラ
アイヤル浜から望む
青いさんご礁の海を眺めているのだろうか
やがて青空に風の翅となって彼方に消えた
2012年3月15日 沖縄県竹富島

a0277496_2121959.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-05-20 21:21 | マダラチョウ

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31