<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

追   飛

 私がブログを始めたとき最初にアップした写真もシロオビアゲハの追飛シーンだった。あれから5年足らずの月日が流れ、どれだけ進歩したのか、今回の一連のシロオビアゲハの飛翔写真で真価が問われることになる。今回の八重山遠征では、望遠レンズで蝶の飛翔シーンを撮るという目標を立て、オオゴマダラ、スジグロカバマダラ、ベニモンアゲハそしてシロオビアゲハの四つの蝶で試みた。これだけ、望遠飛翔に時間をたっぷりとかけて撮影するするのも初めてのことだ。今回は、望遠撮影に集中するためにマクロレンズも広角レンズも持って行かなかった。そんな事情もあり、一部の蝶を除いてシジミチョウやセセリチョウの仲間は、見かけてもほとんど撮影しなかった。
 今回、撮影した場所は石垣島と竹富島の海岸沿いの日当たりよい草地だったが、こんな場所に、これらの蝶が多く生息しているようだ。特に、どちらの島でも数が多いシロオビアゲハは至るところで飛んでいた。先回登場した毒蝶のベニモンアゲハに擬態しているといわれているシロオビアゲハのベニモン型も5年前と比較すると、かなり多くなっているような気がした。後翅に赤班模様が現われる個体をベニモン型と呼び、赤班模様のない個体をシロオビ型としている。蝶の図鑑の解説によると、ベニモン型のほうが交雑実験では、優性という結果があり、ベニモン型が多くなっている現象と関係があるのだろうか。赤班模様のない本来の白帯模様だけのシンプルなシロオビアゲハに、より魅力を感じるのは自分だけだろうか。(石垣島・竹富島)


a0277496_10195201.jpg


a0277496_10203119.jpg


a0277496_10212782.jpg


a0277496_10225846.jpg


a0277496_10243044.jpg


a0277496_10253863.jpg


a0277496_10275861.jpg


a0277496_10351791.jpg


a0277496_10401981.jpg


a0277496_10415313.jpg


a0277496_10432346.jpg


a0277496_10443419.jpg


a0277496_10454177.jpg



[PR]
by kazenohane | 2016-04-28 11:46 | アゲハチョウ

八重山の舞姫

 黒地に紅色のベニモンアゲハを図鑑で眺めながら憧れていた20年前は、なかなか石垣島や竹富島には行けないだろうなと考えていた。観光旅行で訪れた波照間島でセンダングサの白い花に群れていた姿を目撃して、この蝶がベニモンアゲハと初めて知った。イメージしていたよりも小さく、ゆるゆると飛ぶ姿は可憐という印象だった。この赤色は天敵に対する警戒色と言われているが、この蝶の一番のチャームポイントのような気がする。さながら、毒を持った小悪魔的で小柄な美女といったイメージだろう。
 さて、戯言はこれくらいにしておき、この蝶の飛翔する姿を撮影したいと思い、石垣島と竹富島で失敗を恐れずに何度も試みた。幸いに、この蝶は、どの島でも数が多くモデルには事欠かない。イメージしながら、数多くシャッターを切れば一枚くらいは傑作が生まれるかも知れないが、現実には、そう簡単な話ではないようだ。(石垣島・竹富島)


a0277496_09572419.jpg


a0277496_09584877.jpg


a0277496_09595286.jpg


a0277496_10010266.jpg


a0277496_10034661.jpg


a0277496_10060481.jpg


a0277496_10072547.jpg



[PR]
by kazenohane | 2016-04-25 10:09 | アゲハチョウ

竹富島まち歩き 10

 いつも、蝶の撮影で訪れている竹富島の集落をゆっくり見たことも撮影したこともなかった。竹富島の中央部に集落があり、観光客も昔ながらの沖縄の伝統的な民家の間を牛車に乗って巡る趣向になっている。最初に観光で竹富島を訪れたとき、集落にある民宿に泊まったことがある。古い建物だったせいもあり、土壁にヤモリが張り付いていて、あまり気持ちの良いものではなかった。
 宿の主人の話で、竹富島の集落の道は、夜でもハブの存在がすぐに分かるように白いサンゴ礁を砕いたものを敷き詰めているという。また、竹富島には、そもそもハブがいなかったが海を渡って棲みついたという話も聞いたが真偽は分からない。ハブの話は、ともかく、この白い道と昔ながらの民家と亜熱帯の花木が調和していて美しい。

a0277496_22205274.jpg


a0277496_22222969.jpg


a0277496_22235962.jpg


a0277496_22260248.jpg


a0277496_22273538.jpg


a0277496_22290585.jpg


a0277496_22310686.jpg

[PR]
by kazenohane | 2016-04-22 23:20 | 風景

樺色の舞

 スジグロカバマダラ、この蝶を初めて見たときの感動は忘れられない。今から十数年前になると思うが、観光で牛車に乗る仲間からひとりだけ離れ、竹富島のアイヤル浜に抜ける「蝶の道」を歩いた。道の両側に咲く白いセンダングサの花にスジグロカバマダラ、シロオビアゲハ、リュウキュウアサギマダラなどの蝶が群れていた。特に亜熱帯の雰囲気のあるオレンジ色のスジグロカバマダラの模様に魅せられ、夢中になってシャッターを押し続けた。まだ、デジタルカメラではなく、フィルムカメラだったので今のように連写するわけには行かず、大切に一枚一枚撮影していたと思う。考えてみれば、ここの蝶の群れる光景が脳裡に焼きつき、八重山通いが病みつきになったとも言えるだろう。
 何年も通っていると、いつでもどこでも見られるスジグロカバマダラの存在を見過ごすようになり、カメラを向けることも無くなっていた。今年、石垣島では、この蝶が極端に少ないという。たくさんいると見逃し、少なくなると探し始める、この身勝手さに自分でも呆れる。それでも、竹富島の蝶の道では、多くはないがそこそこ飛んでいた。今回のテーマ「望遠飛翔」の撮影を試すには、ある程度の数がいないと難しい。飛んでいる蝶にいきなりカメラを向け撮影しても、ほとんどピンボケかフレームアウトになることは必至だろう。そこで花に吸蜜をしている蝶にカメラを向け、飛び立った瞬間を捉えるという方法で何度も何度もトライしたが、ほとんどが蝶のいない風景か、後翅が少しだけ写っている惜しい写真ばかりだった。それでも、試みているうち、飛び立つ瞬間に翅を少し開くことが分かり、これを合図に連写すれば何とか写るところまで来た。フレームのこのあたりに蝶が入ると予想して、そこを空けて置きピンで待つという辛抱強い撮影を亜熱帯の暑い炎天下で行うのも大変だった。(竹富島)

a0277496_09395657.jpg


a0277496_09405557.jpg


a0277496_09423546.jpg


a0277496_09450561.jpg


a0277496_09464261.jpg


a0277496_09482753.jpg


a0277496_09495469.jpg


[PR]
by kazenohane | 2016-04-20 10:44 | マダラチョウ

ヘアペンシル

 八重山諸島へ蝶の撮影に出掛けて、今回で10回目になる。春になるとむしょうに行きたくなる衝動に駆られ、こんな現象をガイドさんに言わせると「八重山病」という。昨年は広角で風景の中の蝶を表現してきたが、今年は望遠で背景をぼかした表現を目指し、出来れば飛翔シーンも撮影できたらと勝手に妄想を抱いて臨んだ。
 いつも、オオゴマダラを撮影する竹富島のポイントで2頭が絡む求愛シーンに遭遇した。すぐに逃げ去る気配がなさそうだったので、シャッター速度優先で1/2000秒に設定して、露出補正も確認して、蝶が引き立つ背景も考え一気に連写した。あとは2頭のオオゴマダラにピントが合うのを祈るばかりだ。撮影しているときは、気が付かなかったが、あとで画像を確認すると♂の腹部の先端からヘアペンシルが出ていた。フィールドガイドの記事の引用になるが、マダラチョウの♂は、腹部先端に伸縮可能なヘアペンシルと呼ばれる一対の分泌器官があり、♀の交尾を促す化学物質を放出すると考えられている。この2頭のその後の推移を見ていたが交尾は成立しなかったようだ。何度も八重山に通うと、こんな素敵なシーンに出会えるから、また来年もいそいそと出掛けるのだろう。(竹富島)

a0277496_17084178.jpg


a0277496_17102121.jpg


a0277496_17115246.jpg


a0277496_17133217.jpg


a0277496_17145148.jpg


a0277496_17163285.jpg


a0277496_17181085.jpg


a0277496_17195351.jpg


a0277496_17232024.jpg


a0277496_17243985.jpg


a0277496_17255609.jpg

[PR]
by kazenohane | 2016-04-17 18:09 | マダラチョウ

桜吹雪の季節に

 引っ越しの準備をしなければと思いつつ、何から手を付けていいのかと考えているうちに4月も半ばにさしかかる。今年は花粉症がひどく、朝から鼻水たらたら、目玉ちくちく、薬で抑えなければ教室の講習もできない。一日中、頭がボケっとして冴えない気分だ。それでも、お天気がよいと、ついつい習性なのかカメラを持ち出して、近くの河川敷に出掛けている。でも、蝶の写真を写している時間だけは、すべてを忘れ夢中になれるから不思議だ。ツマキチョウも産卵の季節なのか、メスが多くなってきた感じがする。モンシロチョウは今がピークで、カラシナの花の周りを乱舞している。ふと見ると、真新しいアゲハがカラシナの花を訪れ、盛んに吸蜜していた。これから季節も春から初夏に変わるのだろう。

a0277496_09044047.jpg

▲ツマキチョウ♀

a0277496_09033793.jpg

▲ツマキチョウ♀

a0277496_09051525.jpg

▲ツマキチョウ♂

a0277496_09064289.jpg

▲モンシロチョウ

a0277496_09071655.jpg

▲アゲハ
[PR]
by kazenohane | 2016-04-09 09:37 |

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30