<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

紅葉の根の上高原

 根の上高原を訪れるのは何度目だろうか、この高原にある「あかまんまロッジ」は、私の常宿のような宿泊施設だ。もう、20年も前から、事あるたびに、版画教室の生徒さんを連れて、ここで合宿したり、コンサートを開催している。今回も紅葉を愛でるという趣旨で、生徒さんたちと一泊で、このロッジを訪れた。ここの料理は気取りがなく、素材の味を生かした美味しさに定評がある。
 出掛けた11月10日は、真冬のように寒く、雪と紅葉の風景が撮れるかもしれないと期待したが、そう思うようには行かない。スケール感のある全体風景ではなく、どちらかというとマクロ的な表現で紅葉や黄葉や木の実などを自分なりに撮影してみた。今回のメインのイロハモミジだけは、樹全体をやや離れた位置から撮り、枝ぶりの美しさも強調。樹の名前を図鑑で調べたが、かなり怪しいものもあると思う。間違っていたら、ご指摘いただけると有難い。


a0277496_16383678.jpg

▲常宿のあかまんまロッジ

a0277496_16385475.jpg


a0277496_16393299.jpg


a0277496_16395131.jpg

▲今が盛りのイロハモミジの紅葉

a0277496_16402680.jpg

▲いろんな色の変化が楽しめるマルバノキ

a0277496_16410466.jpg

▲渓流沿いに多い紅葉のシラキ

a0277496_16404738.jpg

▲葉が三裂している黄葉のダンコウバイ

a0277496_16412736.jpg

▲のこぎりの歯のようなギザギザのミズナラの葉

a0277496_16415143.jpg

▲他人事ではない濡れ落ち葉も味わい深い

a0277496_16421451.jpg

▲夏に白い花を咲かせるノリウツギも秋は枯れ色

a0277496_16424674.jpg

▲宝石のような紫色のムラサキシキブの丸い実

a0277496_16430961.jpg

▲美味しそうな赤い実のミヤマガマズミ

a0277496_16434569.jpg

▲いろんな色の葉が交錯する落葉樹林


[PR]
by kazenohane | 2016-11-12 17:05 | 風景

晩秋の彩り

 久しぶりに東三河の山に、晩秋の草花を訪ねた。前々から一度見てみたいと思っていたムラサキセンブリの花が咲いたと山野草に詳しい友人から連絡を受け、お天気の良さそうな日を選び、いつものメンバーと合流して出掛けた。もう、蝶はほとんど見られないだろうと思っていたが、まだまだイチモンジセセリやツマグロヒョウモンなどが晩秋の草花の花で盛んに吸蜜していた。今回は、植物の方が主目的のため、蝶は眺めるだけに止めた。
 山の斜面の至るところに、ムラサキセンブリの薄紫色の花が咲き、その合間を埋めるようにヤマラッキョウのピンク色の花も負けず劣らず咲いていた。さながら、お花畑のようでその美しい景観に思わず見惚れてしまった。今回は、シリーズで制作している山野草の花の木版画の取材も兼ねているので、そんな視点で撮影することにした。花をアップで見ると、その形も色彩も魅力的で、ついつい引き込まれてしまう。
 もうひとつの晩秋の楽しみは、赤い木の実だ。子供の頃から見慣れているサルトリイバラの赤い実を探しているとき、もう60年も昔の故郷の山をふと思い出し走馬灯のように懐かしい風景が頭の中をよぎる。ここは、地質も植生も故郷の山とよく似ているから、そう思うのかも知れない。今年初夏の頃、ヒメヒカゲの撮影でこの地を訪れて、もう半年になる。月日の流れは本当に早い。


a0277496_10210406.jpg


a0277496_10212278.jpg

▲ムラサキセンブリ

a0277496_10214098.jpg


a0277496_10215643.jpg

▲ヤマラッキョウ

a0277496_10221828.jpg

▲リンドウ

a0277496_10223636.jpg

▲サルトリイバラ

a0277496_10224984.jpg

▲コバノガマズミ



[PR]
by kazenohane | 2016-11-05 10:28 |

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30