オナガシジミ

昨年の発生記録に沿って
7月20日に出掛けたものの
見事に外れてしまった
今度は8月2日なら
まだ間に合うかなと思い
出掛けたが
もうほとんど見られず
遅かったようだ
それでも帰り間際に
2頭だけ見つけ
目的は何とか果たすことができた
蝶の発生を読む難しさを
あらためて思い知らされた

a0277496_19570476.jpg

a0277496_19575569.jpg

▲開翅した姿
a0277496_19581959.jpg

a0277496_19583734.jpg

a0277496_19585266.jpg


[PR]
# by kazenohane | 2017-08-06 20:00 | シジミチョウ

ミヤマシロチョウ

ここ2年くらい見られなかった
ミヤマシロチョウが
ヨツバヒヨドリの花を
訪れていた
透明感のある翅に
黒い線模様
頭の近くの黄色のアクセント
シンプルな中に気品の漂う
優雅な蝶に再会


a0277496_09163179.jpg

a0277496_09165180.jpg

a0277496_09173070.jpg

a0277496_09175587.jpg

a0277496_09225098.jpg

a0277496_09230719.jpg

a0277496_09182075.jpg

a0277496_09183836.jpg

a0277496_09232796.jpg

a0277496_09171115.jpg



[PR]
# by kazenohane | 2017-08-03 09:25 | シロチョウ

ミドリヒョウモン

高原にヨツバヒヨドリの咲く頃
ミドリヒョウモンが
この花に集まってくる
アサギマダラとこの蝶が
開花を待っていたのかのように
白い花のステージで
盛んに吸蜜している
他のヒョウモンは
ここではほとんど見かけない

a0277496_19412807.jpg

a0277496_19414938.jpg

a0277496_19420149.jpg



[PR]
# by kazenohane | 2017-07-31 19:50 | タテハチョウ

ベニヒカゲ

標高1600メートルの林道は
さすがに涼しい
ここではベニヒカゲや
ミヤマシロチョウなどの
高山蝶が少ないながらも
発生している
なかなか止まることなく
飛び続けていたベニヒカゲが
午後になると
ヨツバヒヨドリやイケマの花に
吸蜜に訪れる

a0277496_20052352.jpg

a0277496_20053987.jpg

a0277496_20061234.jpg



[PR]
# by kazenohane | 2017-07-29 20:18 | ジャノメチョウ

キバネセセリ

林道の一角の獣糞に
キバネセセリがたくさん集まっていた
車に轢かれたヤマキマダラヒカゲの
傍らで逃げる気配もない
全部で7頭
これだけの数を
いちどに見るのは初めてだ
付近に咲くイケマの花にも
吸蜜に訪れていた
やはり花と蝶のコラボは
見ていて気持ちがよい

a0277496_12455245.jpg

▲獣糞に集まるキバネセセリ

a0277496_12462781.jpg

a0277496_12464171.jpg

▲イケマの花に吸蜜

[PR]
# by kazenohane | 2017-07-27 13:07 | セセリチョウ

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31