標高1900mの高原を
吹き抜ける風は
さすがに涼しい
日当たりのよい
斜面の花畑では
やや翅の痛んだ
ベニヒカゲやミドリヒョウモンが
花から花へ移動を繰り返している
木蔭のウドの花に
ヒメキマダラヒカゲが
盛んに訪れている
晩夏の蝶は
忍び寄る秋の気配を
投影しているのか
どこか寂しげな
印象を受ける
2012年8月28日 山梨県北杜市

a0277496_10265321.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-08-31 10:49 | ジャノメチョウ

モンシロチョウ  039

白い花が咲いてた♪
信州の高原に広がる
白い花の蕎麦畑
この風景を眺めると
思わず口ずさむ
懐かしい歌
この歌詞には
どんな蝶が
似合うのだろうか。
白い花には
白い蝶がいい
ふるさとの原風景に
今日も舞う
なじみの白蝶
2012年8月22日 長野県木曽町

a0277496_22421159.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-08-27 23:14 | シロチョウ
一面のススキ原を渡る
高原の風は
もう秋の気配を
運んできた
あれだけ謳歌するように
舞っていた
ヒョウモン蝶たちは
どこにもいない
夏の終わりを
感じさせる季節の
移り変わりは早い
秋アザミには
スジボソヤマキチョウ
いつまでも止まっている
蝶の夢は
長いようだ
2012年8月22日 長野県木曽町

a0277496_13302382.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-08-24 14:21 | シロチョウ

トラフシジミ  037

真夏の高原には
シャンデリアのような
白い花がよく似合う
気のせいか
この花の周りだけが
いくぶん明るいようだ
この花に
いろんな虫たちが
集まってくる
カメムシ、コガネムシそしてトラフシジミ
虫たちの饗宴は
日暮れるまで
続くのだろう
2012年8月3日 長野県木曽町

a0277496_23181585.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-08-17 23:50 | シジミチョウ
風のない高原の夏は暑い
ジリジリと照りつける太陽は
容赦なく肌を焼き付ける
どれだけ水を飲んでも
喉の渇きは収まらない
草原のアカツメクサを訪れる
スジボソヤマキチョウは
暑さを忘れる一服の清涼剤だ
吸蜜しているときは
接近しても逃げるそぶりも見せない
そんなとき、ファインダー画面に
自分のイメージを描き
絵を完成させる
やがて蝶が花を離れるころ
涼しい高原の風が吹き抜ける
2012年8月3日 長野県木曽町

a0277496_19161827.jpg


a0277496_19175599.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-08-13 20:15 | シロチョウ

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31