タグ:クモマツマキチョウ ( 6 ) タグの人気記事

クモマツマキチョウ

オレンジ色の蝶を撮りたくて
今年もいつもの高原を訪れた
今年はミヤマハタザオの白い花を
訪れる姿をイメージして
撮影に臨んだ
1頭のクモマツマキチョウが
同じ場所をくるくると回っていた
念願のミヤマハタザオにもスミレにも
吸蜜に訪れてくれた
今年で4回目になるが
何度訪れても
撮影の難しい蝶として
課題を与えてくれる

a0277496_23104856.jpg


a0277496_23111620.jpg


a0277496_23122699.jpg


a0277496_23114444.jpg


a0277496_23124226.jpg




[PR]
by kazenohane | 2017-05-23 23:26 | シロチョウ

雲  月

北に続いて、南のクモマツマキチョウも撮りたい願望に駆られ、中1日の強行スケジュールで再び出掛けた。裏翅の雲模様と表翅の月形模様をイメージしながら現地を探索する。ミヤマハタザオの生えている場所で様子を見ていると、スジグロシロチョウに混じって、少し小柄でゆるやかな飛び方をする白い蝶を発見。この花に吸蜜するシーンを何度も演出してくれたので、何とか撮影できた。あの憧れのオレンジ色のオスではなかったが、メスでも十分に満足だ。


a0277496_20451266.jpg


[PR]
by kazenohane | 2015-05-26 21:05 |

魅惑のオレンジ

クモマツマキチョウを追いかけて、今年で3年目になる。高山蝶という孤高のイメージも 、この蝶の人気を高めている一因かも知れないが、何よりも美しいオレンジ色の翅で北アルプスの山々を背景に飛ぶ姿に魅せられるのだろう。わざわざ、遠い所まで会いに行きたいと思わせるだけの魅力のあるクモマツマキチョウを撮影するために、今回も出掛けた。
今回は、前々から考えていた電車とバスで行くプランを実行した。日帰りでも可能だが、初日に撮影できなかった場合に備え、現地近くの町に一泊することにした。初日、現地に到着したが、とんでもない寒さと風で、とても蝶の撮影どころでない事態となってしまった。それでも、現地でお会いした同好の人と寒さをこらえながら、いろんなお話をさせていただきながら、クモマツマキチョウの現われるのを、ひたすら待つ。午後3時まで粘って、重い脚をひきずりながら、引き上げた。
前日の気温7℃から、翌日は17℃まで上がり、風もない蝶日和となった。午前中から7~8人の蝶カメラマンが押し寄せ、この蝶の現われるのを待ち構えているところに、ゆるゆるとメスが現われ、みんなで蝶を囲みながら撮影。しばらくして、オレンジ色のオスもスミレの花に吸蜜に訪れた。2~3回のシャッターチャンスがあったが、なかなか構図まで考える余裕も与えてくれなかった。300㎜の望遠レンズで、美しく背景をぼかす計画だったが、なかなか難しい。また、来年の課題が増えたようだ。

現地でお会いした方々へ、たいへんお世話になりありがとうございました。また、どこかでお会いしたいですね。
 


a0277496_19212193.jpg

a0277496_19244151.jpg

a0277496_1927472.jpg

a0277496_19282895.jpg

a0277496_6354261.jpg


[PR]
by kazenohane | 2015-05-23 20:14 |
今日のブログアップで、2周年を迎えた。飽きっぽい自分に、これだけ長く続けられる「ブログ」の魅力とは何だろうか。ひとつには、蝶友のみなさんと双方向のコミュニケーションが楽しめることだろうと思う。また、このブログを通じて、いろんな交流が生まれたことも、楽しさを増幅させてくれる。
昨年よりも2週間も早く、クモマツマキチョウの生息地に出かけた。なかなか姿を見せてくれないが、気温の上昇とともに、お目当ての蝶が現れた。スミレの花の蜜を吸いながら、どこかへ消え、しばらくすると、また同じようなコースでやってきた。なかなか、この蝶を追いかけて撮影するのは、体力的にも大変だ。それでも、何とか撮影でき、オランジーナを日頃、愛飲している効果が、じわりと出てきたのかな?

a0277496_188331.jpg
a0277496_1891771.jpg
a0277496_1810922.jpg
a0277496_18111782.jpg
a0277496_18123013.jpg

[PR]
by kazenohane | 2014-05-18 18:43 | シロチョウ
昨年、生息地を走り回って撮影したクモマツマキチョウのホルダーの中で、まだ未公開の画像を見つけた。
タンポポの綿毛に止まった瞬間を息を切らせながら、逸る気持ちを抑えて撮影できたときの嬉しい気持ちがよみがえってきた。花の終わったミヤマハタザオの茎に止まっている画像を選んだため、この写真がお蔵入りになってしまったようだ。同じような狙いの写真が2枚あるとき、どちらか1枚だけをアップしている。どちらにするのか、かなり迷った結果だったと思う。
もう1枚の花を訪れる♂の画像は、滅多に撮影しない縦位置で撮影した珍しい写真だ。今回は、縦位置の方がバランスもよく、正解だったような気もするが、やはり横位置の写真にとことんこだわってしまう。(2013年6月1日・大町市)

a0277496_21503045.jpg
a0277496_21522977.jpg

[PR]
by kazenohane | 2014-01-20 22:36 | シロチョウ
 1周年の区切りがつき、5月下旬にいつもの八重山地方に蝶の撮影旅行に出かけた。この旅行で撮影した写真は、まだ未整理のため、しばらくパソコンの中で寝かせることにして、いずれ、少しずつアップしていきたい。それよりも、機会があって、クモマツマキチョウの撮影に長野県まで蝶友の誘いで、初めて出かけた。
 ここでは、まだまだ樹の葉の緑色が黄緑でみずみずしい。しばらく待つうちに、この蝶のメスが姿を見せ、十分に撮影のモデルを務めてくれた。さらに、しばらくすると、翅の先がオレンジ色のオスが現れ、体力勝負の追いかけっこが始まる。息切れするほど走ってはみたものの、撮影は、叶わなかった。いつもなら、ここで諦めて帰るところだが、しばらく粘ると、再びオスが現われ、いろんな花の蜜を少しだけ吸い、移動を繰り返して、遠くへ飛び去ってしまう。少ないチャンスを何とかしたいと思うが、ままならない。(2013年6月1日・大町市)

a0277496_2131794.jpg

a0277496_2145371.jpg

a0277496_218578.jpg

a0277496_2111282.jpg

[PR]
by kazenohane | 2013-06-01 22:08 | シロチョウ

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31