タグ:ソシンロウバイ ( 2 ) タグの人気記事

春探し

 久しぶりに仕事から解放され、転居してから初めて東山植物園に出掛けてみた。もうそろそろ早春の花のロウバイの咲く頃だ。東山動物園は園内の鳥がトリインフルエンザに感染した影響で年末から閉園になっている。幸い併設されている植物園は開いていたため、中に入ることができた。園内は人影もまばらで、私のようなカメラじいさんが高そうな機材で花や鳥を撮影していた。
 お目当てのロウバイの花は、それでも撮影に困らない程度に咲いていた。花の真ん中が赤くなる花がロウバイで、そうでない花はソシンロウバイと図鑑では別種になっていた。どちらも「ロウバイ」でいいと思うが、狼狽する方のために分類してみた。ツバキ園では、早咲きの品種の花は咲いていたが、全体としては、これからだろう。園内の散策路のいたるところにフユイチゴの赤い実が見られ、ひとつだけ食べてみたが、甘酸っぱい味でなかなか美味しい。冬日に照らされたタンポポの綿毛が、こんなに美しいとは・・・短い時間だったが楽しいひとときだった。


a0277496_18135936.jpg

▲ロウバイの花

a0277496_18134634.jpg

▲ソシンロウバイ

a0277496_18141665.jpg

▲ツバキの花

a0277496_18142909.jpg

▲フユイチゴの実

a0277496_18144383.jpg

▲タンポポの綿毛


[PR]
by kazenohane | 2017-01-09 18:48 |

早春譜

「春は名のみ風の寒さよ♪」の早春賦の歌詞を思い浮かべながら、何度となく通っている名古屋市の農業センターに早春の花を撮影に出掛けた。たぶん、この季節ならソシンロウバイやシナマンサクの黄色の花が咲いているに違いない。ただ、この農園のシダレウメの開花には、少し早いかもしれない。
D7100カメラにマクロ105㎜を付けて、花のマクロ撮影のテストを試みた。今年からマニュアルフォーカスを止め、すべての撮影を苦手のオートフォーカスに切り替えた。ピント合わせで、もたもたして蝶をとり逃がしてしまったことも多く、出来る限り早くシャッターを切れるオートフォーカスの利点を享受できたらと思っている。何だかんだと言っても、老化で目が見難くなったために、そうすると言った方が正しいかもしれない。
このカメラの露出傾向も気になり、BKTで段階露光をしてみたところ、適正がやや明るく感じ、マイナス1/3補正が自分の好みの明るさだった。今回の写真を眺めて見て、ほとんどの写真が逆光だったことに気がついた。無意識のうちに太陽を迎えるアングルになっているようだ。
 

a0277496_1501576.jpg

a0277496_152281.jpg

a0277496_1534948.jpg

a0277496_1553197.jpg

a0277496_1571427.jpg

a0277496_159254.jpg

a0277496_15101389.jpg


[PR]
by kazenohane | 2015-02-20 16:06 |

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30