タグ:モンシロチョウ ( 6 ) タグの人気記事

桜吹雪の季節に

 引っ越しの準備をしなければと思いつつ、何から手を付けていいのかと考えているうちに4月も半ばにさしかかる。今年は花粉症がひどく、朝から鼻水たらたら、目玉ちくちく、薬で抑えなければ教室の講習もできない。一日中、頭がボケっとして冴えない気分だ。それでも、お天気がよいと、ついつい習性なのかカメラを持ち出して、近くの河川敷に出掛けている。でも、蝶の写真を写している時間だけは、すべてを忘れ夢中になれるから不思議だ。ツマキチョウも産卵の季節なのか、メスが多くなってきた感じがする。モンシロチョウは今がピークで、カラシナの花の周りを乱舞している。ふと見ると、真新しいアゲハがカラシナの花を訪れ、盛んに吸蜜していた。これから季節も春から初夏に変わるのだろう。

a0277496_09044047.jpg

▲ツマキチョウ♀

a0277496_09033793.jpg

▲ツマキチョウ♀

a0277496_09051525.jpg

▲ツマキチョウ♂

a0277496_09064289.jpg

▲モンシロチョウ

a0277496_09071655.jpg

▲アゲハ
[PR]
by kazenohane | 2016-04-09 09:37 |

辛菜の咲く頃

 天白川の36度目の春が今年もやってきた。桜の花の満開の頃、河川敷に咲くカラシナの花にいろんな蝶が訪れる。どういうわけか、あれだけ河川敷を黄色のじゅうたんのように染めていたカラシナがずいぶん少なくなってきたような気がする。それでも、ところどころに生えているカラシナの花には、ツマキチョウやモンシロチョウ、ベニシジミなどの蝶が訪れ春を謳歌しているかのようだ。
 天白川の緑道で撮影していると、いろんな人が話しかけてくるが、たいていは鳥を撮っていると思われているようだ。カワセミが昔と比べると少なくなったという。なんでも餌となる小魚がいなくなったのが原因という。そう言われれば、最近カワセミをあまり見かけないような気がする。あまり話が長くなると、撮影どころではなくなるので、今日は鳥はお休みで、モンシロチョウを撮っていると説明すると、がんばってくださいと激励され、やっと解放される。
 この地を離れる前に、どうしても天白川の春の蝶を撮影したかったので、これで思い残すことはない。しかし、考えてみれば自宅から歩いて5分の場所で蝶や鳥が撮影できるなんて恵まれた場所に住んでいるのだなと思う。たぶん、ここを訪れることは無いと思うと、なんだか少し寂しい気もする。36年間お世話になりました天白川様。


a0277496_13382959.jpg

▲ツマキチョウ

a0277496_13391410.jpg

▲ツバメシジミ

a0277496_13400289.jpg

▲モンシロチョウ

a0277496_13403515.jpg

▲ベニシジミ
[PR]
by kazenohane | 2016-03-31 14:19 |

花隠れ

今年は、雪や雨の影響でセツブンソウを見られないと思っていたが、まだ郡上方面では、少し時期が遅かったが僅かに花は残っていた。ここ20年以上、毎年この花を見るために、山野草の好きな友人と出掛けるのが恒例になっている。
サクラの咲く頃は、カタクリのシーズンでもある。セツブンソウ、イワウチワ、そして最後にカタクリ群生地にも寄ってみたが、何と、この花もピークを過ぎ、写真には難しかった。いつも、たまにギフチョウを見かけるが、今回は訪れた時間も遅かったせいもあり、その姿を見かけることはなかった。
コツバメが花を訪れていたが、なかなか良い位置に止まってくれない。花びらの奥に隠れるように止まる姿が、妙に可愛い。相手をからかうように、くるくる回転したり、隠れたりする行動は、孫娘を想像させて楽しい。


a0277496_1072826.jpg

▲モンシロチョウ

a0277496_1092086.jpg

▲コツバメ

a0277496_1011183.jpg

▲セツブンソウ

[PR]
by kazenohane | 2015-04-01 10:46 |

菜虫化蝶

「なむしちょうとなる」、菜虫はモンシロチョウの幼虫で、蛹を経て蝶になる季節という意味合いだ。季節を七十ニに分割した七十ニ候の中の言葉から引用した。スーパーのコーナーで「よくわかる七十ニ候」という新本が半額以下で販売されていたので、思わず衝動買いをしてしまった。ブログの文章の種本として大いに役に立ちそうだ。
そろそろ新生蝶が現われるだろうなと思い、いつもの天白川の河川敷の草地を探してみた。さっそく、越冬蝶のキタテハが枯れ草の上でじっとしていた。毎年変わり映えしないシーンだが、これも、シーズン開幕の恒例行事と思えば、意味があるのかもしれない。白い蝶が弱々しく飛んでいる、モンシロチョウだった。近くに菜の花が咲いているので、吸蜜に訪れるといいなと待つが、枯草に止まるだけで思うようにならない。蝶には蝶の都合があるのだろう。川の土手にベニシジミを発見、カメラを構えたところで、飛ばれてしまった。運よく、タンポポの花を訪れたところを撮影。やはり、蝶には花がよく似合う、そんなシーンを今年もたくさん撮影したいなと思う。


a0277496_1955369.jpg

a0277496_19565321.jpg

a0277496_19582185.jpg


[PR]
by kazenohane | 2015-03-13 20:35 |

モンシロチョウ(2)  219

「蝶ちょ蝶ちょ 菜の花に止まれ♪」の童謡そのままのシーンが目の前で繰り広げられていた。天白川の南斜面の堤防には、最近カラシナが大繁殖している。定期的に草刈がされるため、今まで繁茂していたクズがずいぶん少なくなってきた。そのせいか分からないが、このモンシロチョウやツマキチョウが多くなってきたような気がする。このように食草の植生は、蝶にとっては死活問題だろう。
花粉の発生状況は、非常に多いという新聞記事を見て、今日は見合わせようとならないところが、蝶カメの執念かもしれない。マスクをしたまま、ファインダーを覗くと、たちまち曇り、外そうとして紐が切れてしまった。花粉症の影響なのか、チクチクする目でピントをマニュアルで合わせるのも、なかなか難しい。歳を重ねると、ぐちや言い訳が多くなるようだ。(2014年3月15日・名古屋市)

a0277496_19165291.jpg
a0277496_1918343.jpg

[PR]
by kazenohane | 2014-03-15 20:16 | シロチョウ

モンシロチョウ  039

白い花が咲いてた♪
信州の高原に広がる
白い花の蕎麦畑
この風景を眺めると
思わず口ずさむ
懐かしい歌
この歌詞には
どんな蝶が
似合うのだろうか。
白い花には
白い蝶がいい
ふるさとの原風景に
今日も舞う
なじみの白蝶
2012年8月22日 長野県木曽町

a0277496_22421159.jpg

[PR]
by kazenohane | 2012-08-27 23:14 | シロチョウ

写真とエッセイで構成されたアルバムです


by kazenohane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31