<< イワサキタテハモドキ(3)  303 ヒメアサギマダラ(3)  301 >>

リュウキュウアサギマダラ(4)  302

八重山撮影の旅も最終日を迎えた。朝早めの船で竹富島に向かった。この島は、私が八重山の蝶に魅せられるきっかけとなった場所で、必ずいちどは訪れている。石垣港から10分足らずで着ける観光の島だ。港近くに「ゆうが館」という観光施設があり、ここの庭園がなかなか雰囲気があり、オオゴマダラやリュウキュウアサギマダラ、スジグロカバマダラなどの蝶たちが花を訪れている。
いつもの外周道路を歩き始めて、何かいつもと違う様子に気がついた。いつも、道路の縁にあれだけ咲き乱れているセンダングサが全くない。きれいさっぱりと刈り取られ、蝶たちの気配もない。たぶん、自転車遊歩道として、この道路を活用しているに違いない。ホシノリゾートも完成して、ますます人為的な観光アイランドに変貌するのだろうか。地面から湧きたつような蝶の大乱舞は、もう見られなくなってしまうのだろうか。


a0277496_9155114.jpg

a0277496_9171760.jpg

▲モンパノキの生える竹富島の海岸

a0277496_9185041.jpg

▲石垣港に向かう定期船から竹富島を望む

[PR]
by kazenohane | 2014-11-09 09:55 | マダラチョウ
<< イワサキタテハモドキ(3)  303 ヒメアサギマダラ(3)  301 >>