<< 黄昏の駅 跨線橋のある駅 >>

20世紀少年の街

もう何年か前に映画「20世紀少年」のロケ地として、このやきもの散歩道が使われた。今でも、この界隈を歩くと、ケンヂがふと顔を覗かせるような気がしてならない。この一帯に製陶工場が密集していた昭和の時代の面影を色濃く残しているやきもの散歩道は、今は観光客が多く訪れている。
やきもの散歩道は、私の生まれた故郷の風景によく似ていることもあり、たびたび撮影に訪れている大切な場所だ。頭にインプットされた迷路のように入り組んだ細い路を、いつものように、ゆっくり辿りながら、こどもの頃の原風景を探し出す作業は、ことのほか楽しい。


a0277496_15381951.jpg

▲やきもの散歩道のシンボル「土管坂」

a0277496_15395774.jpg

▲懐かしい板塀のある路地

a0277496_15415399.jpg

▲こどもの頃よく遊んだ故郷の路地によく似ている

a0277496_1544341.jpg

▲黒板塀の製陶工場も今はギャラリーに

a0277496_15461083.jpg

▲レンガ造りの煙突は、盛んだった頃の面影を残している

a0277496_15475827.jpg

▲常滑は招き猫の街としても知られている

[PR]
by kazenohane | 2015-02-11 16:30 | 風景
<< 黄昏の駅 跨線橋のある駅 >>