<< 春の苑 春の野に >>

篠島逍遥

島に船で渡ると、なぜか旅情を感じるのは私だけだろうか。たった10分足らずの海外旅行だ。撮影で訪れるのは5年ぶりで、今回は、ネェちゃんフォトグラファーとの写真対決の3回目になる。篠島は、外周を一回りしても、3時間もあれば十分だろう。
まず、篠島港に着いて、びっくりしたことは、港は「島の駅」という名のきれいな建物に変わっていたことだ。篠島の漁村の雰囲気を漂わせた古い民家の多くは新築され、新しい建物が多くなってきた。それでも表通りから裏通りに入ると、どこか懐かしい古い雰囲気の板塀の民家を見かける。生活感のある路地巡りが大好きで、今回は一眼レフカメラではなく、コンデジに魚眼コンバーターを付けて、気の向くままシャッターを押した。ラストの写真は、歳の差40歳のネェちゃんが撮影用に持ってきたブルーペアーを、ちょっと借りて浜辺で遊んでみた。


a0277496_13365732.jpg

a0277496_13383922.jpg

a0277496_13395458.jpg

a0277496_13405358.jpg

a0277496_13415786.jpg


[PR]
by kazenohane | 2015-03-27 14:23 | 風景
<< 春の苑 春の野に >>