<< 白帯揚羽蝶 八重山慕情 >>

青立羽擬蝶

2011年5月、竹富島の草原でアオタテハモドキを初めて見て以来、ずっとこの蝶のとりこになっている。石垣島でも西表島でもよく見かける蝶で、そんなに希少種ではないが、亜熱帯の雰囲気を伝える美しい翅の模様に魅せられている。
今回で八重山撮影も8回目を数え、アオタテハモドキにも何度となく出会っているが、なかなかイメージしたような絵にならない。案外、この蝶は敏感で、人の気配を察すると飛び立ってしまい撮影は意外と難しい。大抵は、地面にぺたりと止まることが多く、白いセンダングサの花を訪れることは少ないが、今回はたびたびチャンスがあり、少しだけ表翅の美しさを捉えることができたのかなと思う。これからも、この蝶を撮り続けるに違いないが、いつまでも憧れの美麗蝶でいてほしいなと願う。


a0277496_8334168.jpg

▲アオタテハモドキ♂

a0277496_8361791.jpg

▲アオタテハモドキ♀

[PR]
by kazenohane | 2015-04-20 09:41 |
<< 白帯揚羽蝶 八重山慕情 >>