<< 薄翅白蝶と遊ぶ 行く春 >>

八重山のせせり蝶たち

何回も八重山に通うと、初めて出会う蝶は稀で、今回珍しくオキナワビロードセセリとクロセセリの2種のセセリと初対面した。種類を追いかけるつもりは全くないが、まだ見ていないセセリは、アサヒナキマダラセセリとテツイロビロードセセリそして外来種のバナナセセリくらいだ。今見られなくても、そのうちどこかで出会うに違いない。
八重山では西表島にしかいないテツイロビロードセセリもガイドさんの案内で探したが、見つけられなかった。よく雰囲気の似たオキナワビロードセセリは、林道の脇に1頭だけセンダングサの花に吸蜜に訪れ、逃げる気配もなく、長い時間とても良いモデルを務めてくれた。今回、いちばん多く目にしたセセリは、タイワンアオバセセリで、石垣島でも竹富島でもセンダングサの花に吸蜜に訪れていた。
いつもだったら必ず見かけるネッタイアカセセリもユウレイセセリも、全く姿を現わさなかった。やはり、年中いるのではなく、亜熱帯でも発生する時期はあるようだ。
 


▼オキナワビロードセセリ
a0277496_16244639.jpg


▼タイワンアオバセセリ
a0277496_16322534.jpg


▼クロセセリ
a0277496_16284357.jpg


[PR]
by kazenohane | 2015-04-30 17:23 |
<< 薄翅白蝶と遊ぶ 行く春 >>