<< 舞  姫 梅雨の晴れ間に >>

時は流れて

黄緑色の木の葉が緑色に変わり、
里山の風景が少し濃くなってきた。
ゼフィルスの仲間も、この季節になると、
美しい翅に痛みが目立ち、
静かに葉の上で佇んでいる姿を多く見かける。
夏型のベニシジミも現われ、
活発に林道を飛び回っていた。
ムラサキシジミは、やっと新生蝶に変わり、
いたるところで美しい青紫色の翅を開いていた。
小さなツバメシジミも草地のシロツメクサの花を訪れ、
目を楽しませてくれる。
里山の蝶たちも季節の移り変わりによって、
脈々と次代に生を受け継いでいるのだろう。


a0277496_07203624.jpg
▲アカシジミ

a0277496_07224446.jpg
▲ウラナミアカシジミ

a0277496_07251086.jpg
▲ベニシジミ

a0277496_07262132.jpg
▲ツバメシジミ

a0277496_07274398.jpg
▲ムラサキシジミ


a0277496_07293866.jpg
▲ルリシジミ
[PR]
by kazenohane | 2015-06-18 07:40 |
<< 舞  姫 梅雨の晴れ間に >>