<< 夏の日の午後 時は流れて >>

舞  姫

通い慣れた高原も訪れた季節によって、
さまざまな表情を見せてくれる。
まだ、ヒョウモンチョウの仲間は、少し早いようだ。
今まで見たことのないウスバシロチョウが、
ワスレナグサの花に止まっているシーンも爽やかだ。
いつもは7月に入ってから訪れるせいか、
ヒメシジミの翅がやや痛んでいる印象が強い。
6月下旬なら、ヒメシジミのピークかも知れない。
やはり、高原の至るところで大乱舞が繰り広げられていた。
特にナワシロイチゴの花には、
たくさんのヒメシジミが吸蜜に訪れ、
まるで美しいヒメシジミのブーケのようだ。


a0277496_09005883.jpg
▲ワスレナグサをあなたに

a0277496_09123982.jpg
▲画面に何頭入るかな?

a0277496_09104585.jpg
▲青衣の競演

a0277496_09043942.jpg
▲ヒメの花咲くブーケはいかが

a0277496_09032715.jpg
▲可愛い娘は来ないかな?

a0277496_09092533.jpg
▲逞しい♀とひ弱な♂

a0277496_09143720.jpg
▲群れるのが嫌いなんだ

a0277496_09070483.jpg
▲アヤメより私のほうが綺麗

[PR]
by kazenohane | 2015-06-23 09:42 |
<< 夏の日の午後 時は流れて >>