<< 集団吸水 追  憶 >>

高原のレストラン

7月の下旬には、ヒョウモンの仲間が勢ぞろいする。
コヒョウモンモドキとコヒョウモンは、
すでに盛りを過ぎたのか、翅の痛みが顕著だ。
あれだけ飛んでいたウラギンヒョウモンも数が少なくなってきた。
これらのヒョウモンたちは、
クガイソウの花に吸蜜したまま、しばらく移動する気配もない。
ヤマウドの花には、ミドリヒョウモンが多く集まり、
ひとつの枝に5頭の蝶が群れる様子は壮観だ。
この季節の主役は、間違いなくミドリヒョウモンだろう。
ホシミスジやオオミスジは、ノリウツギの白い花が気に入っているようだ。
時々、スジボソヤマキチョウなども訪れ、
さながら高原のレストランのようだ。
やはり、高原の蝶には、花がよく似合う。


a0277496_00570625.jpg

a0277496_00590941.jpg

a0277496_01001387.jpg
▲ミドリヒョウモン

a0277496_01034102.jpg

a0277496_01020468.jpg
▲コヒョウモンモドキ

a0277496_01050056.jpg

a0277496_01064071.jpg
▲コヒョウモン

a0277496_01125951.jpg
▲ウラギンヒョウモン

a0277496_01091261.jpg
▲ホシミスジ


a0277496_01104966.jpg
▲オオミスジ
[PR]
by kazenohane | 2015-08-03 01:17 |
<< 集団吸水 追  憶 >>