<< 大和麗し 白い花の咲く頃 >>

やきもの散歩道

9月に入り、蝶の写真は一休み。ジリジリ照りつける暑い夏の日に、何度も通っている常滑のやきもの散歩道を訪れた。何を撮るかというテーマもなく、足の向くまま、気の向くまま迷路のような狭い路地を巡るのは楽しいものだ。私の生まれ育った町も陶磁器の産地だったせいか、どこかこの常滑の町には親近感を感じてしまう。故郷の町を離れ、すでに半世紀の時間が過ぎ、子どもの頃に見た風景も忘れてしまったはずだが、心の底にこびりついている原風景は、いつまでも残っているのだろうか。やきもの散歩道では、はっとするような懐かしい風景に出会うこともある。ただ、真っ黒なコールタールで塗られた古い板塀や錆びた波トタン屋根の家屋は、だんだん新しく建て替えられ、昔の名残りは無くなりつつあるようだ。


a0277496_10074507.jpg

a0277496_09524730.jpg

a0277496_10392849.jpg

a0277496_10051851.jpg

a0277496_10022658.jpg

a0277496_09462201.jpg

a0277496_09493905.jpg


[PR]
by kazenohane | 2015-09-02 10:21 | 風景
<< 大和麗し 白い花の咲く頃 >>