<< 公園の鳥 お千代保稲荷まち歩き 9 >>

カワセミ三昧 1

 私の家の近くの天白川で、何とか接近したいと思っても、敏感なカワセミに察知され撮影はままならない。そこで、ある程度まで近づいても逃げないという耳よりな話を聞き、出掛けてみた。広大な公園の真ん中にふたつの池があり、柵の無い方の池の岸辺の岩に、さっそくカワセミが訪れていた。当然、三脚を立てた本格派のカメラマンの前で撮影するのは、叱られそうで勇気がいるが、ここのカワセミ撮影のアドバイスをされている方から、前に進むように言われ、恐る恐る近づいて無事撮影することができた。とりあえず、鳥を大きく撮りたいという願いが親切なアドバイザーのおかげで実現でき嬉しい限りだ。
 少し、余裕ができ速いシャッター速度で飛翔に挑戦したり、餌の小魚をくわえているシーンを撮影したり、だんだんと鳥の撮影も欲が出てくるから不思議だ。三脚を立てた超望遠で構えているカメラマンは、何を狙っているのか気になり、聞いてみたところ、餌の小魚を狙って水面に飛び込んだ瞬間を撮影するという。素人考えでは、どこに飛び込むのか分からないので至難の技だろうと思うが、長年の経験でその位置がだいたい分かるという。カワセミが止まる岩も決まっているらしく、ほとんどおなじ場所から撮影するという。せっかちに蝶を追いかける習慣が体に沁み込んだ私には、到底真似ができない。たぶん、カワセミを追いかけ回していた私は、彼らにしてみたら、さぞかし目障りだったに違いない。

a0277496_19013684.jpg

a0277496_19030452.jpg

a0277496_19041415.jpg

a0277496_19050170.jpg

a0277496_19054829.jpg

a0277496_19063944.jpg

a0277496_19073681.jpg

a0277496_19081726.jpg

a0277496_19091213.jpg

 
[PR]
by kazenohane | 2016-02-06 19:50 |
<< 公園の鳥 お千代保稲荷まち歩き 9 >>