オオチャバネセセリ  043

9月上旬は
まだまだ夏の気候が続き
残暑も厳しい
35℃近くの気温の中
林道を蝶を求めて
歩くのは
まだまだ辛い
それでも
時折、吹く風は
どこか秋の気配を
感じる
この頃、急激に増える
イチモンジセセリ
時を同じくして
出現するオオチャバネセセリ
アーチの向こうに
幸せな未来はあるのだろうか
2012年9月7日 愛知県新城市

a0277496_23105544.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-09-12 23:44 | セセリチョウ

ウラナミジャノメ  042

最近、秘かに魅せられている
目玉模様の蝶たち
後翅裏の目玉の数で
種類が分かれる
ウラナミジャノメとヒメウラナミジャノメ
同じような場所で
同じように飛んでいる
どれくらいの割合か
調べてみた
7:3でヒメウラナミジャノメが多い
環境の変化で
減少しているウラナミジャノメの
目玉が涙目になっていた
2012年9月7日 愛知県新城市

a0277496_98329.jpg


a0277496_985563.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-09-09 09:35 | ジャノメチョウ

アサギマダラ(1)  041

a0277496_21594364.jpg


夏の高原を優雅に飛ぶ
アサギマダラ
もう30年も前に
初めて白山で見たときからの
お気に入りの蝶だ。
ヒヨドリバナに5~6頭が
訪れていた光景を
いまでも鮮明に
記憶している
名前も分からず
その美しさに
ただ見惚れていた
今も全く色褪せない
魅力的な蝶だ
これから山を
降りて
どこまで
渡って行くのか
誰にも分からない
2012年8月28日 山梨県北杜市

a0277496_2203619.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-09-03 22:24 | マダラチョウ

ヒメキマダラヒカゲ  040

標高1900mの高原を
吹き抜ける風は
さすがに涼しい
日当たりのよい
斜面の花畑では
やや翅の痛んだ
ベニヒカゲやミドリヒョウモンが
花から花へ移動を繰り返している
木蔭のウドの花に
ヒメキマダラヒカゲが
盛んに訪れている
晩夏の蝶は
忍び寄る秋の気配を
投影しているのか
どこか寂しげな
印象を受ける
2012年8月28日 山梨県北杜市

a0277496_10265321.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-08-31 10:49 | ジャノメチョウ

モンシロチョウ  039

白い花が咲いてた♪
信州の高原に広がる
白い花の蕎麦畑
この風景を眺めると
思わず口ずさむ
懐かしい歌
この歌詞には
どんな蝶が
似合うのだろうか。
白い花には
白い蝶がいい
ふるさとの原風景に
今日も舞う
なじみの白蝶
2012年8月22日 長野県木曽町

a0277496_22421159.jpg

[PR]
# by kazenohane | 2012-08-27 23:14 | シロチョウ