人気ブログランキング |

タグ:オオミスジ ( 3 ) タグの人気記事

オオミスジ

7月の暑い日
高原の林道を
ゆったり飛ぶ
白黒模様のオオミスジ
なんとなく
他のミスジチョウの仲間よりも
ゆったりした印象を与える

a0277496_09412036.jpg

a0277496_09415641.jpg

a0277496_09413587.jpg



by kazenohane | 2017-07-25 10:15 | タテハチョウ

高原のレストラン

7月の下旬には、ヒョウモンの仲間が勢ぞろいする。
コヒョウモンモドキとコヒョウモンは、
すでに盛りを過ぎたのか、翅の痛みが顕著だ。
あれだけ飛んでいたウラギンヒョウモンも数が少なくなってきた。
これらのヒョウモンたちは、
クガイソウの花に吸蜜したまま、しばらく移動する気配もない。
ヤマウドの花には、ミドリヒョウモンが多く集まり、
ひとつの枝に5頭の蝶が群れる様子は壮観だ。
この季節の主役は、間違いなくミドリヒョウモンだろう。
ホシミスジやオオミスジは、ノリウツギの白い花が気に入っているようだ。
時々、スジボソヤマキチョウなども訪れ、
さながら高原のレストランのようだ。
やはり、高原の蝶には、花がよく似合う。


a0277496_00570625.jpg

a0277496_00590941.jpg

a0277496_01001387.jpg
▲ミドリヒョウモン

a0277496_01034102.jpg

a0277496_01020468.jpg
▲コヒョウモンモドキ

a0277496_01050056.jpg

a0277496_01064071.jpg
▲コヒョウモン

a0277496_01125951.jpg
▲ウラギンヒョウモン

a0277496_01091261.jpg
▲ホシミスジ


a0277496_01104966.jpg
▲オオミスジ
by kazenohane | 2015-08-03 01:17 |

オオミスジ  217

信州の高原でよく見かけたオオミスジは、とび抜けた個性がないせいか、それほど熱心に撮影したことがない。それでも、この蝶のホルダーには、ブログのアップに洩れた多くの画像が残されていた。どうしても華やかな蝶が前面に出ると、このような蝶は忘れ去られてしまうようだ。
信州のスキー場の林道脇には、さまざまな蝶が見られる。木の葉の上に、飛び去る気配もなく止まっているオオミスジを発見。なぜなのか、よく観察してみると、前方の鳥の糞に興味を示しているようだ。これも蝶の生態なんだろう。(2013年8月9日・松本市)

a0277496_10315547.jpg
a0277496_1035462.jpg

by kazenohane | 2014-02-14 11:34 | タテハチョウ